通信制高校でMusicレクチャー~音楽を楽しく簡単に学ぼう~

music high school

音楽を学んで資格取得

音楽学校に通うこととは

music study

現在はアーティストやプロの音楽家を目指す一つの手段として専門学校が上げられます。こういった音楽の専門学校に通う際には、通常の学校では学ぶことの出来ない音楽に関する専門的な技術・知識を学ぶことが出来ます。 音楽専門学校を卒業してプロで活躍している人は業界にたくさんいます。PAをはじめとする裏方の仕事は専門学校を卒業してから音楽業界に就職する人は多いです。ですが、アーティストや音楽家となるとプロとして表舞台で活躍できる人はほんの一握りであり、実際にはそうなれずに他の職に就く人の方が多いのが現実です。このように専門学校に通う際にはこのような大きなデメリットもついてくるので、絶対になるという覚悟も重要になってきます。

高卒資格も一緒に取得する

専門学校に通うタイミングとしては高校を卒業してからということが多いですが、現在の音楽系の専門学校は高校中退・中卒でも通えるところもたくさんあります。 このようなところでは通信制高校のカリキュラムを採用しており、音楽を専門学校で学びながら通信制高校にも通って卒業時に高卒資格を取ることが出来ます。このように、音楽だけを学ぶということは自分の将来において大きなリスクを伴うことであり、通信制高校に通うことで高卒資格を取ることが出来るというのは卒業後に大学という選択肢も増えるということであり、自分の将来の選択肢を増やしてくれます。 このような音楽の専門的な勉強と通信制高校で普通の高校生がする勉強を並行することで自分のやりたいことと将来の安定を同時に得ることが出来ます。